ホーム > 当院のご案内 > ご挨拶

ご挨拶

写真:札幌東豊病院 院長 菅原 正樹
札幌東豊病院 院長
菅原 正樹

当院は昭和59年に開院以来、産科、婦人科、小児科医療に従事し、この20数年間に渡り、4万人を越える分娩を担当して、年間900人前後の手術も行ってきました。67床の産婦人科、小児科の私的な病院ですが、女性疾患を幅広い年齢層で診られる病院を目指し、大病院にはない患者さんのニーズにできる限り対応できる、小回りのきいた診療をしていきたいと思っています。

平成19年12月には大幅な増築、改装が完了し、よりよい治療環境を整え、将来を担う新生児の安全な出産に努力し、また不妊で悩まれる患者さんには負担なく妊娠にたどり着けるよう最新の技術を提供して、地域の周産期医療に貢献してまいります。さらに今回の増・改築ではマンモグラフィーを導入し、子宮がんの検診だけでなく、乳がんの検診も開始し女性のための検診にも力をいれ女性疾患の早期発見に努めます。

医療は日進月歩でありますけれども、自己の研鑚を怠らず技術的には高度な医療を提供するとともに、人間性の向上に努め、治療を受ける患者さんに勇気と希望を与えられるような医療を実践していきたいと思います。

今後も地域の皆様に信頼される病院を目指していきますので、よろしくお願いいたします。


理念

女性と子ども、その家族が笑顔になれる安全で温かみのある医療を提供します。

基本方針

・良質で安全な医療により、女性と子どもの健康の向上に貢献します。
・地域のみなさまの健やかな暮らしのために、病院としての使命を果たします。
・医療従事者の教育研修に努め、医療・看護のサービス向上を目指します。


当院は下記項目の指定病院です。また、産科医療保障制度に加入している分娩施設です。

  • 母子保健法に基づく養育医療機関(未熟児の養育を担当とする機関)
  • 札幌市乳がん検診実施医療機関
  • 札幌市子宮がん検診実施医療機関
  • 母体保護法指定施設
  • 臨床研修協力施設(施設番号 30034号)
  • 特定不妊医療費助成事業
  • 不育症治療費助成事業
このページのトップへ