ホーム > 診療のご案内 > 不妊症外来

不妊症外来

当院では、十分な問診、検査の上、個人個人にあった治療法をご提案し、少しでも早い妊娠の成立を目指します。
当院は北海道内で最も早い時期より、体外受精などの高度生殖医療を開始しております。
さまざまな原因の不妊患者さんの治療に対応出来ますので、ねばり強く治療を継続して下さい。

診療科目

タイミング指導/人工授精/体外受精/顕微授精

不妊症外来の特長

特長①一般不妊治療

写真:タイミング指導

タイミング指導

超音波検査や尿検査など行いながら排卵の時期を予測し、妊娠しやすいベストなタイミングを指導する方法です。
まずは、この治療の中でより早期に妊娠ができるように計画をします。排卵誘発を行わない自然周期による治療、適切な排卵誘発剤(クロミフェン、HMGなど)を用いた排卵誘発周期による治療などがあります。

人工授精

自然排卵または排卵誘発剤を用いた排卵にあわせ、採取した精液を洗浄濃縮して精子を子宮内に直接入れる治療です。

特長②高度生殖補助医療

当院では体外受精、顕微授精などの高度生殖補助医療を行っております。
以下のような方に適応があります。
□両側卵管が詰まっている時 □精子の状態がよくない時 □原因不明の不妊が長期間続く時 その他

写真:顕微授精法

体外受精(胚移植法)

複数の卵子を発育させ、超音波の画面を見ながら卵子を採取し卵子と精子を体外で受精させ、数日培養後、1、2個の受精卵(胚)を子宮へ戻す方法です。

顕微授精法

精液の状態が悪い場合や、体外受精-胚移植法では受精しなかった場合、精子を直接、卵子へ入れて受精させる方法です。

当院は「特定不妊治療費助成事業指定医療機関」です。

この事業は、自治体により指定された医療機関で、体外受精・顕微授精を受けた場合、治療に要した費用の一部を助成するものです。申請手続き等、お気軽にご相談ください。
» 札幌市 特定不妊治療費助成のページ

特長③生み分け指導

当院では第2子以降の妊娠について産み分け指導をしております。まずはご来院いただき、ご希望をお伝えください。(産み分けは不妊症というわけではないのですが、妊娠を目指している方達が受診する不妊症外来で対応しています。)
すべての医師が産み分け指導に対応可能ですが、月曜日から土曜日の日中は不妊症外来担当医が対応いたします。
夜間、日祝日は一般外来担当医が対応いたします。
排卵日の推定のために一つの月経周期において少なくとも2〜3回の受診が必要です。
詳細は受診時にご説明いたします。

このページのトップへ