ホーム > 診療のご案内 > 小児科

小児科

小児医療を幅広く丁寧に「胎児(お腹の中の赤ちゃん)」から思春期過ぎまで」の一貫した小児医療をモットーに、未熟児・新生児から一般小児の感染症、循環器、アレルギーなど各分野に対応した丁寧な診療の提供を心がけています。

診療科目

一般小児科/新生児治療/小児感染症/予防接種

小児科の特長

特長①未熟児・新生児治療

写真:未熟児・新生児治療 写真:未熟児・新生児治療

当院あるいは関連病院で出生した未熟児(早産児)や病的正期育児に対して、新生児専門の医師らが呼吸・循環・代謝管理をはじめとする手厚い医療・看護ケアを実施しています。高リスク妊娠から出生した児に対しても、疾患発症の予防や早期対応に努めています。
例えば、胎児エコー検査(STIC解析)による先天性心疾患や先天的障害の出生前診断は、最新の超音波機器を駆使し当院産科と検査部、道立子ども総合医療療育センター(コドモックル)、札幌医大小児科などと密接に連携して行い、成果をあげています。これによって、生まれてくる赤ちゃんにとってベストな事前対応を可能にしています。
また、生後の発育をご両親と共に温かく、きめ細かく見守ってゆきます。

特長②一般小児医療

写真:一般小児医療

小児科がカバーする診療範囲はとても広く、深いものです。当院小児科は、幅広い小児科領域の中のさらに専門化された分野(感染症、循環器疾患、アレルギーなど)にも対応できるよう努めています。
当院の小児感染症の専門医師や、高次連携病院(コドモックル、札幌医大、NTT東日本札幌病院など)の各領域の専門医から支援を得つつ、通常の小児科クリニックでの診療にプラスアルファできるような診療の実践に取り組んでいます。
例として、小児心臓疾患専門外来(1〜2回/月)、胎児心臓エコー外来(2〜3回/月)、ワクチン・シナジス専用外来(当院小児科の診療スケジュールを参照してください)、未熟児・新生児フォローアップ外来などがあります。

特長③小児・周産期感染症診療、ワクチン接種

小児科の病気では感染症がとても多いものです。さらに当院は産科併設ですので、とりわけ感染症に注意しなければならない妊婦さんや新生児・乳児を感染症から守ることに特段の配慮をしています。
周産期に注意すべき感染症や院内感染制御に対しては、感染症の専門医を中心に早期診断治療はもとより、ワクチン接種や免疫グロブリン投与(早産児、心疾患をもつ児のRSウイルス感染に対する予防的シナジス注射など)による積極的感染症予防を推進しています。予防接種も任意接種ワクチン(有料)の接種料をできるだけ安価に設定し、またワクチン専用外来枠を週1回(現在は毎週木曜の午後)設けて、感染症にかかっている他の児と接することなく安心してワクチン接種ができるようにしています。もちろん、他の外来診療日でもワクチン接種はできます。
また、様々な院内感染制御対策も実施しています。

小児科の診療内容

乳児検診

乳幼児健診は乳幼児健康診査の略で、公費で実施される公的健診と私費による私的健診があります。
公的には、1歳までの幼児期に2回以上と、1歳6カ月児および3歳児の健診を各市町村が主体となって実施することになっています。たとえば東京都区内の場合、1歳までの乳児期には、3〜4カ月、6〜7カ月、および9〜10カ月の計3回の健診と1歳6カ月健診、そして3歳児健診を公費で実施しています。

予防接種

ワクチンの目的は、病原体に接触した際でも、軽感染症(感染しても軽く済む)または不顕性感染(感染したものの発生しない)に留め、被害を小さくすることが第一です。さらに、接種した個人を守り、次に集団を守り、これによって感染症の流行を阻止することがさらなる目的です。
当院では、定期接種(公費負担)から任意接種(個人負担)まで、各種ワクチンの接種が可能です。以前と比較して、ワクチン事情も変化しており、近年は推奨ワクチンの数も増えてきました。
例えば、最近のトピックスとして、水痘やおたふくかぜワクチンに関しては、発症を予防する上で、1回接種だけでは不十分であり、2回接種することが推奨されるようになりました。また、B型肝炎ワクチンも、日本小児科学会は接種することを推奨しています。
このような状況の中で、接種内容や接種間隔など、お悩みになる場合もあるかと思います。当院では、ワクチンに関するご質問や、接種スケジュールの相談なども適宜受け付けております。

このページのトップへ